codeOutsideHTMLIsLocked="false"というタグ

こーど・あうとさいど・えいちてぃーえむえる・いず・ろっくど・いこーる・ふぉーるす・と・いう・たぐ最終更新日 2009年6月24日

DreamweaverMX 2004でテンプレートから文書を作成すると、

<!-- InstanceBegin template="/Templates/index.dwt" codeOutsideHTMLIsLocked="false" -->

というタグが、テンプレートを使っていると出現している。

これは、

dw0430 - テンプレートから作成された書類内でレコードセット作成時のエラー

テンプレートから作成されたファイルを元に新規書類を作成し 、その書類内でレコードセット(データセット)を作成すると下記のようなメッセージが表示されます。

テンプレートを元に作成された書類の先頭部分には下記のような記述があります。

codeOutsideHTMLIsLocked="false" -->

ということで、テンプレートを元に作成すると、この記述が追加されます。

また、テンプレートを更新した際には、この記述より前の部分はテンプレートによって書き換えられてしまうので、適切な場所に編集可能領域をテンプレート側で作成する必要があります。

筆者の場合は、<TITLE>タグがこの記述の前に作成されて、テンプレートを更新すると、ページのタイトルがすべて消える(涙)という状態でした。

この記述より後に出てくるテンプレート内の編集可能領域に、テキストエディタで<TITLE>タグを移動することで回避できました。

Dreamweaver内ではできないので、つくづくテキストエディタは必要だなあ、と思った次第です。

[システム管理者のひとり言]

鳥繁.COM
このページは鳥繁.COMアクセスアップキャンペーンの一環で作成されています。
Copyrights © 2002-2003 Torihan.COM. All rights reserved.